埼玉県

「埼玉県」の方言を掲載しました。
標準語で言うと?意味や由来は?も合わせて掲載しています。

「埼玉県」の方言

頭文字方言標準語で?
あいさ『合間』
あぐ『顎』
あさっぱら『朝』『早朝』
あにー『兄』
あめんぼー『つらら』
あわい『普段』『平素』
あんぶく『泡』『あぶく』
いきれる『蒸している』
いまし『今』『ちょうど今』
いんごっぱち『強情者』『頑固者』
うちゃる『捨てる』
うでっこき『思いっきり』
うむす『蒸す』
えら『大層』『たくさん』『大変』
えー『共同』『手伝い合うこと』
おこさま『蚕(かいこ)』
おだあげ『むだ話』
おちわ『団扇(うちわ)』
おっつぁばく『裂く』『破く』
おっぺす『押す』
おぶー『背負う』
かくねがんしょ『かくれんぼ』
かまぎっちょ『とかげ』『かなへび』
きぬー『昨日』
きびしょ『急(きゅう)須(す)』
きょーび『今(こん)日(にち)』『近頃』
くちべろ『唇』
くっかく『欠く』『?みくだく』
くね『垣根』『生け垣』
けったりー『疲れた』『だるい』
けなりー『うらやましい』
けんむし『毛虫』
こそこそ『こつこつ』『少しずつ』
さがねる『探す』
ささらほーさら『ばらばら』『めちゃくちゃ』
さむしー『寂しい』
しあんぼ『けち』
しった『〈鍋などの〉底』『下』
すぐりみち『隣家へ行くための近道となる細いぬけ道』
せなご『長男』
せんみ『?』
せー『~して下さい』
そらっぺ『うそ』『虚言』
たっぺ『霜柱』
たぼこ『煙草(たばこ)』
たまか『倹約がうまい』『粗末な』
ちっとんべー『少しばかり』
ちゃぞっぺー『お茶菓子』
ちょちょべっこ『蝶々』
つっぺる『落ちる』『入る』
つばくろ『つばめ』
てんづけ『いきなり』『すぐに』
とぶぐち『玄関口』
なから『かなり』『たくさん』
なびる『塗る』
にしら『おまえ』『おまえら』
ぬくとい『暖かい』『あったかい』
ねんじん『人参』
のたくる『苦しそうにもだえる』
のめっこい『つきあいやすい』『遠慮がいらない』
はぐ『対になっているものの片方が違うこと』
はぐる『~しそこなう』
ひぼ『紐』
ふるしき『風呂敷』
へーし『やたらに』『しだいに』
へーび『蛇』
へーる『入る』
ほりっこ『堀』『用水堀』
ほーたろ『蛍』
まさか『とても』『はなはだ』
まみや『眉毛』
みしみっけーる『真剣になる』
むる『漏る』
めめず『みみず』
もーぼれる『もうろくする』
やぶ『歩く』『行く』『来る』
ゆいすいる『言い負かす』『言って諭す』
よっぴて『夜通し』『一晩中』
よんど『よほど』『よくよく』
らちゃあかねー『仕事がはかどらない』
わざと『少し』『気持ちだけのもの』
ごくやすみ『食事後の休み』
じゃんか『あばた』
じょーり『草(ぞう)履(り)』
じんぎ『辞儀』『挨拶』
ずねー『かなり大きい』
ずー『上ぞくするころの成熟した蚕』『熟蚕』
どどめ『〈熟した〉桑の実』
べろ『舌』
ぼっち『小さなまとまりの山を数える単位』

よく見られている埼玉の方言

方言「もーぼれる」を解説
方言「じゃんか」を解説
方言「あいさ」を解説
方言「すぐりみち」を解説
方言「おっぺす」を解説
タイトルとURLをコピーしました