新潟県

「新潟県」の方言を掲載しました。
標準語で言うと?意味や由来は?も合わせて掲載しています。

「新潟県」の方言

頭文字方言標準語で?
あえまち『怪我』
あっきゃー『あれまあ』『あれえ』
あっちぇ『暑い』
あなれ『霰』
あね『若い女性』『嫁』
あんべー『ぐあい』『加減』
いちがいこき『頑固に自分の主張を押し通す人』
いっち『いっち』『いちばん』
いっぺこと『沢山』
いとしげだ『可愛らしい』『綺麗だ』
いぼむし『かまきり』
いんが『犬』
おえる『生える』
おっこっこ『おやまあ』
おまん『あなた』
おめさん『あなた』
かがっぽい『まぶしい』
かける『指名する』
かねっこーり『つらら』
こざく『またぐようにして歩く』
こちょばっこい『くすぐったい』
~こてー『~さ』
こびり『おやつ』『昼食前後、なお一回食う飯』
さべっちょ『おしゃべり』『冗舌家』
さわぐ『忙しく動き回る』
さんじょっぱらい『放ったらかしにする』
しかも『かなり』『よほど』
しゃぎつける『なぐりつける』
しょーしー『恥ずかしい』
しょーたれ『不潔』『不精』
すかす『菜っぱなどを間引く』『空かす』
~すけ『~から』『~ので』
せつね『つらい』『悲しい』
そろっと『ぼちぼち』『そろそろ』
そんま『直ぐ』『直ちに』
たがく『持つ』『かかえる』
たよさま『神主』
たらかす『だます』『子どもをなだめる』
ちだらまっか『血みどろ』
ちょーす『いじる』『かまう』『あやす』
ちょーたくしる『打ち叩く』『こらす』『いじめる』
ちょーはん『昼飯』『おやつ』
てっこもり『山盛り』
てんぽ『うそ』『ほら』
としや『大晦日の晩』『徐夜』
ながまる『足を伸ばして横臥する』
なく『溶けかける』『粘つく』
なじ『いかに』『いかが』『どんな』
なじょーも『いかようにも』
なんぎー『体が苦しい』『辛い』
なー『お前』
にどいも『じゃがいも』
のめし『怠けること』
はっこい『冷たい』
はんばきぬぎ『旅帰りのお祝い』
ふっとつ『沢山』
ふるしー『古い』
ほーんに『本当に』『全く』『非常に』
まめら『達者だ』『健康だ』
まんだら『それでは』『さようなら』
みよける『孵化する』
めぐさえ『見苦しい』『みっともない』
もしかあんにゃ『次男』
もじける『人見知りをする』
やでまか『どうしても』『飽くまで』
やめる『痛む』『うずくように痛む』
ゆきおろし『降雪前の雷鳴』
ゆきほり『屋根の雪おろし』
ゆさり『夜』『夕方』
よっぱらだ『充分だ』『飽きた』
よむ『〈果実などが〉熟す』
らちがあく『事が解決する』
らっくらしる『ほっとする』『安堵する』
~ろも『~だけれども』
げぁーちま『おたまじゃくし』
ざえ『薄く張った氷』
じっき『間もなく』『すぐに』
じょんのび『のんびりくつろぐさま』
ずく『意気地』『根性』
ずる『移動する』
だいろ(ー)『かたつむり』
だちかん『仕方がない』『だめだ』
だりこっぺー『乱雑な』『きたない』
だーすけ『だから』
ばーか~『大変~』『非常に~』
びちゃる『捨てる』『投げ捨てる』

よく見られている新潟の方言

方言「はんばきぬぎ」を解説
方言「まんだら」を解説
方言「せつね」を解説
方言「はっこい」を解説
方言「にどいも」を解説
タイトルとURLをコピーしました