栃木県

「栃木県」の方言を掲載しました。
標準語で言うと?意味や由来は?も合わせて掲載しています。

「栃木県」の方言

頭文字方言標準語で?
あっかあっか『冷や冷やする』
あったらもん『惜しむべき物』『大切な物』
あってこともねー『とんでもない』
あらいまて『食器洗い』
うっつぁしー『うるさい』『やかましい』
えっちかる『座る』『腰を下ろす』
おっける『倒れる』『転ぶ』
おっぺしょる『折る』『曲げる』
かっぽろぐ『揺り動かす』『ゆする』
かんぞ『かわいがること』『大事にすること』
きどころね『仮寝』『うたたね』
くさる『濡れる』
くちゃぐる『目を閉じる』『目をつぶる』
くものえず『蜘(く)蛛(も)の巣』
こっぺくせー『ませている』『おとなじみている』
せっちょ『世話をやき過ぎること』『おせっかい』
せーふろ『風呂』
そばえる『甘える』『甘ったれる』
たっぺ『霜柱』
たなぎねこ『人に懐かない猫』『人見知りする猫』
ちくらっぽ『?』『でたらめ』
ちっぽけっぽ『蟻地獄』
ちゃーる『捨てる』
つっかけまんご『なすり合い』
つっぺる『踏み入る』『入る』
てんずだんず『不揃い』
とこげる『腐る』
ととろずく『あわてる』
とろっぴ『いつも』
ぬすっくらい『盗み食い』
ねごんぼ『朝寝坊』『目覚めの悪い人』
ねんじこんじ『もじもじしているさま』
のざえる『〈のどに物が〉つかえる』『ふさがる』
はだつ『完成した状態になる』『実る』
はなぐら『いびき』
はんかきらす『いたずらする』
ひして『終日』『一日中』『朝から晩まで』
ひっちょる『背負う』『負う』
ひとかたげ『一回分の食』
へんげる『心変わりする』『心が一転する』
ほきる『〈草木が〉伸びる』『生い茂る』『成長する』
まねる『告げ口する』『言いつける』
みそっつぐ『みそさざい』
むせー『長持ちする』『容易に減らない』
めめくる『芽差す』『芽ぐむ』
もやいに『一緒に』『共に』
ゆっつける『結わえつける』『縛る』
ゆわがんけ『岩場』
よろばる『よろめく』
がしょーき『がむしゃら』『無鉄砲』『向こう見ず』
ぎゃーに『あまり』
ごじゃっぺ『うそ』
ごせーやける『腹が立つ』『怒る』
ざっぽい『露っぽい』
じかきむし『みずすまし』
じごくのかぎっつるし『杉菜』
じなる『怒鳴る』
じゃんぼん『葬式』
ずずねー『ぞくぞくする』
ぜんて『すっかり』『まるで』『まったく』
だいじ『大丈夫』『心配がない』
でっかす『出会う』『遭遇する』
ぼしょぐされる『びしょ濡れになる』『全身が濡れる』
ぼっとすると『ひょっとすると』『もしかすると』

よく見られている栃木の方言

方言「のざえる」を解説
方言「めめくる」を解説
方言「あらいまて」を解説
方言「ちくらっぽ」を解説
方言「ずずねー」を解説
タイトルとURLをコピーしました